トップページ  > このサイトについて

キッズフリマとは?

子供の頃、誰もが経験する『お店屋さんごっこ』。 遊びを通じて経済活動を知る大切な体験です。 キッズフリマは、更に一歩ステップアップした『お店屋さんごっこ』。 着られなくなった洋服、使わなくなったオモチャを捨てるのは もったいない。 フリーマーケットで売って、他の子供に使ってもらう。 お友達と兄弟と楽しみながら『モノ』の価値を感じれば、 自然に『お金』の大切さも実感できるはず。 売るのも買うのも子供だけのキッズフリマ。 こうしたお金のやりとりは、子供達に心の成長をもたらす ほんものの体験となるはずです。

団体の活動方針

当団体(NPO法人キッズフリマ)は、児童に対して環境と経済の実践的な体験してもらうことを通じて、未来の社会に貢献することを目指しております。

キッズフリマ開催の目的

①金銭教育

日本では伝統的にお金の話を人前でするのはタブーのようになっていますが、お金でなんでも[物]が買えるようになっている現代の市場経済社会においては、 小さい時から[お金とは何か]を分からせる必要があるのではないか、と提唱されています。
  キッズフリマでは実際にお金を使い[モノ]を買う事で、お金についての知識を身につけてもらいお金との上手なおつきあいの仕方を学んでもらおうというものです。

②リサイクル教育

要らなくなった物をすぐに捨てるのではなく、他の人に譲る。
小さい時からリサイクルに関心を持つ事はとても重要な環境教育です。 初めは[お小遣いが欲しいから]という気持ちでキッズフリマに参加した子ども達も、 きっと最後には[モノを大切にする]気持ちが芽生えているでしょう。また、自分達で値段をつける事で[モノ]の価値観が養われます。

③見る力・聞く力・話す力の向上

大人のいない空間で初めて出会う子ども同士の自然なコミュニケーションが生まれます。
キッズフリマは子ども達だけの専用空間です。みんな自分の興味のあるモノ・コトに自然と体が動きます。 周りの大人に頼ることはできません。自分で感じた興味に対して子供たちは自主的に聞いたり問いかけたりしなければなりません。